ファンキー加藤さんのスキャンダルが再熱したことで、ファンキー加藤さんがちょっと話題になってましたね。

 

そんなファンキー加藤さんについて調べていると、ファンキー加藤と検索欄に打つと検索候補(サジェスト)に、「実家」「住所」と出てきました。

 

気になったので、ファンキー加藤さんの「実家」「住所」についてまとめていきます。

 

ファンキー加藤の実家の住所が判明!?現在は何をしているのか?

 

 

ファンキー加藤のプロフィール

 

 

ファンキー加藤のプロフィール

ファンキー加藤の実家の住所が判明!?現在は何をしているのか?2

生年月日:1978年12月18日

出身地:東京都八王子市

身長:174cm

職業:ミュージシャン

所属事務所:イドエンターテイメント

 

2004年、FUNKY MONKEY BABYSを結成し、2006年1月25日にメジャーデビュー。

 

2013年6月2日、東京ドームライブでFUNKY MONKEY BABYSを解散。

 

6月27日付けのFUNKY MONKEY BABYSブログで、ソロ活動を宣言する。

 

2014年2月12日、ソロデビューシングル「My VOICE」をリリース。

 

2019年2月12日、ソロデビュー5周年を迎える。

 

11月24日、ソロデビュー初となるベリーグッドマンとのツーマンライブに出演。

 

2021年3月11日、「音楽の日」(第11回)でFUNKY MONKEY BABYS解散から8年ぶりに一夜限りの復活。

 

 

ファンキー加藤の実家の住所はどこなのか?

 

ファンキー加藤の実家の住所が判明!?現在は何をしているのか?1

 

ここからファンキー加藤さんの実家の住所についてまとめていきます。

 

ファンキー加藤さんの実家の住所を調べてみたのですが、正確には明らかにはなっていませんでした。

 

しかしファンキー加藤さんがこのようなツイートをしているので、実家の近所は上川口小学校付近だということがわかりますね。

 

さすがに実家の住所が仮に特定されたとしても、引っ越しされてますよね。

 

実家の住所付近はわかりましたが、実家の住所は明らかになっていなくてよかったです。

 

 

ファンキー加藤は現在の仕事は?何をしているのか?

 

ではここからファンキー加藤さんが現在、何をしているのか?についてまとめていきます。

 

ファンキー加藤さんは、今でもソロでアーティスト活動を続けています。

 

2021年3月13日には、デビュー15周年記念春ワンマンファンキー加藤爛漫ライブが開催することも決定しています。

 

15周年ライブが決定してからファンキー加藤さんはブログでこのようなことを言っています。

 

ブログでの発言

八王子の片田舎から、

FUNKY MONKEY BABYSとして『そのまんま東へ』という産声を上げてから15年。

15年。15才。

人間にたとえると中学を卒業する時期ですね。

思春期、成長痛、青春ど真ん中。悩んだり迷ったりしながら、まだまだ大きく羽ばたいていけるタイミングです。

でも、ちょっぴり振り返ると、なかなか濃密で、決して短くはない歳月を音楽と共に過ごしてきたんだな~と。山あり谷ありモハメドアリ。

何より、今日までファンキー加藤を生かしてくれたスタッフ&関係者さん、そしてファンの皆さんへの「ありがとう」があふれてきます。

15年分の感謝を、集大成を、さらなる未来を見据えたステージを。ここらでいっちょ演っておきたい!という想いです。

ライブの開催にあたっては「音楽コンサートにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」に沿って実施をさせていただきます。

もちろん感染の状況次第では直前になっての公演延期や中止もあり得ます。ぶっちゃけそうなった場合のリスクも大きいです。

ただ、予定も計画も約束も、すべては希望です。希望は中止できません。

様々な意見があるなかでの告知となりますが、当日は感染拡大予防対策を最優先に。イコールそれは皆の笑顔を守るため。

そして自分が躊躇なく好きといえる場所を守るため、全力で取り組んでいきます。

…なんか堅苦しい文章になってしまうね。今は仕方ないかな。

本当の意味でのファンキー加藤らしさは…

当日のステージの上で。どうぞよろしく。

 

コロナ禍で大変ですが、無事にライブ成功してほしいですね。

 

 

ファンキー加藤の実家の住所が判明!?現在は何をしているのか?まとめ

 

以上、今回はファンキー加藤さんについてまとめてみました。

 

ファンキー加藤さんの実家の住所はわかりませんでしたが、上川口小学校付近ということはわかりましたね。

 

ファンキー加藤さんは、現在でもアーティスト活動を頑張っています。

 

これからも音楽でファンの心をつかんでいってほしいですね。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

おすすめの記事