約束のネバーランド2期アニメが始まり原作とはかなり違いアニメオリジナルだったことがわかりましたね。

 

原作ではいたはずのキャラクターがいなかったり、逆にいなかったキャラクターがいたりしていました。

 

そこでアニメオリジナルの謎のキャラクター「ヌルリン」について気になったのでまとめていきます。

 

約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラぬるりんとは何なのか!

 

 

『約束のネバーランド』とは

 

まず初めに『約束のネバーランド』の基本情報を簡単にまとめておきます。

約束のネバーランドについて

約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラぬるりんとは何なのか!

  • 原作:白井カイウ氏
  • 作画:出水ぽすか氏
  • 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2016年35号から2020年28号まで連載
  • コミックスは全20巻、累計発行部数2100万部以上
  • 『約ネバ』と略されて呼ばれている
  • 同時期には『鬼滅の刃』や『ゆらぎ荘の幽奈さん』も連載されている
  • 『このマンガがすごい! 2018』オトコ版 第1位
  • 第3回次にくるマンガ大賞コミックス部門 第2位
  • マンガ新聞大賞2017 大賞
  • 第63回小学館漫画賞(少年向け部門)
  • マンガ大賞2017 第6位
  • マンガ大賞2018 第11位
  • 孤児院で育てられた子供たちが、過酷な運命にあらがっていく物語

 

 

約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラクター「ヌルリン」とは

 

約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラぬるりんとは何なのか!2

ここから「ヌルリン」についてまとめていきます。

 

まず「ヌルリン」とは、約束のネバーランド2期アニメの第4話で登場する謎の魚のような生物です。

 

原作には登場しないので、完全にアニメオリジナルキャラクターとなります。

 

このヌルリンが登場したシーンはそこそこの時間を使っており、何か意味があるのではと思わされるほどでした。

 

しかしヌルリンの登場シーンはなぜ作られたのか全くと言っていいほどわかりません。

 

ヌルリンのシーンを簡単にまとめてみます。

 

まず脱出した食幼児達が、今までのご飯(鳥)に飽きる。

森でたまたま見つけたヌルリンを持ち帰り、焼いて食べてみる。

毒があるかもしれないからエマがくじ引きで毒見する人を決める。


なぜかくじ引きで当たっていないレイも食べる。


結果は毒はなし。

 

このような内容になっています。

 

仲間想いでみんなで生きることを望んでるエマが、くじ引きで毒見を行わせる行為自体あり得ませんよね。

 

それに結局レイが食べるならくじ引きをした意味もありませんし、本当にヌルリンは謎すぎるキャラクターでした。

 

しかし、アニメオリジナルキャラクターなので今後とても大事な伏線になっているかもしれませんね。

 

ですので今後に期待しましょう。

 

 

約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラクター「ヌルリン」に対してのネットの評判

 

やっぱりあれだけの尺の長さをとり、アニメオリジナルキャラクターですからネットでの評判が気になったのでまとめてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットではヌルリンかわいいや何で出てきたんだといった声がありますね。

 

せっかくのキャラクターなので今後活躍してほしいですね。

 

 

約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラ「ヌルリン」とは何なのか!?まとめ

 

以上、今回は約束のネバーランド2期アニメオリジナルキャラクター「ヌルリン」についてまとめてみました。

 

結局ヌルリンはなぜ登場したのかわかりませんでしたね。

 

しかし約束のネバーランドは伏線がすごい作品なので、今後ヌルリンが活躍するかもしれません。

 

ですからこれからどのような展開になっていくのか、ヌルリンは出てくるのか期待しときましょう。

 

約束のネバーランドについて他にもこちらでまとめています。

よろしければぜひ読んでみてください。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 

おすすめの記事