皆さんは、サッカーフランス代表の神童キリアン・エムバぺ選手をご存じでしょうか?

 

今はサッカー界を代表する選手として挙げられるエムバぺ選手。

 

皆さんもエムバぺ選手のことを何て呼んでいいのか迷ったことがあるのではないでしょうか。

 

少し気になったのでどのような呼ばれ方があるのかネットで調べてみました。

エムバペの正しい呼び方、発音はムバッペ?エンバペ?答えはこれだ!

 

ほかの選手について詳しくこちらで紹介しています。

 

 

エムバぺ選手ってどんな人?

エムバぺ選手のプロフィール
エムバペの正しい呼び方、発音はムバッペ?エンバペ?答えはこれだ!1
  • 本名:キリアン・サンミ・エムバぺ・ロタン
  • 誕生日:1998年12月20日
  • 年齢:22歳(2020年現在)
  • 身長:178㎝
  • 体重:73㎏
  • 出身地:フランス・ボンディ

1998年12月20日、自国開催のW杯でフランスが優勝した半年後にフランスパリ北東部のボンディでエムバペ選手は生まれました。

 

父親はカメルーン出身です。

 

サッカー指導者をやっておりボンディのコーチを務めていました。

 

エムバぺが所属した最初のチームがボンディです。

 

母親は、アルジェリア出身となります。

 

母親は、元ハンドボール選手です。

 

なので、エムバぺ選手はスポーツ一家に生まれてますね。

 

2013年にフランスのASモナコのユースチームに所属し2015年に12月2日にプロデビューを果たしました。

 

2017年8月31日にパリサンジェルマンFCにレンタル移籍が決まり加入することとなります。

 

エムバぺ選手は、圧倒的なスピードとテクニックを持っておりトップスピードになった彼を止めるのは一流の選手でも難しいです。

 

2018年のロシアワールドカップでは、持ち味のドリブルでPKを獲得しています。

 

19歳という若さでフランス代表に選ばれ2018年のワールドカップでの優勝に大きく貢献しそこから世界中に名が知れ渡りました。

 

現在の所属チームはフランスの名門パリサンジェルマンFCでポジションはフォワードです。

 

 

エムバぺ選手はどんな呼び方をされているのか?

ワールドカップで優勝し、有名になったけれどいろいろな呼び方がされており何て呼べばいいのか迷ったんではないでしょうか?

では、ツイッターやGoogleで実際にどのような呼ばれ方をしているのか。

調べてみたら

  • エムバぺ
  • ムバッペ
  • エンバぺ
  • ンバッペ

と様々な呼ばれ方で呼ばれています。

エムバぺ選手はテレビやSNSではなんて呼ばれてるか?

日本に来日し日本のテレビに出演されたときはエムバぺ選手と呼ばれていました。

エムバペの正しい呼び方、発音はムバッペ?エンバペ?答えはこれだ!2

ではTwitterではなんと呼ぶ人が多いでしょうか。

サッカーキングさんがエムバぺ選手本人に名前の呼び方についてインタビューしていました。

本人によるとエンバぺという発音が一番しっくりくるようですね。

日本のみんなにはキリアンと呼んでくれと言っています。

 

 

エムバぺ選手はなぜドナテロと呼ばれているのか?

エムバぺ選手はティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズに出てくるキャラに似ているといわれています。

 

それは棒術の達人で紫の鉢巻きを巻いているキャラクターのドナテロです。

 

なのでドナテロという愛称で親しまれています。

 

意外とかわいいですね。

エムバペの正しい呼び方、発音はムバッペ?エンバペ?答えはこれだ!

 

 

エムバペの正しい呼び方、発音はムバッペ?エンバペ?答えはこれだ!まとめ

日本では、エムバぺ、エンバぺ、ムバッペ、ンバッペという呼び方がありました。

 

その中でもエムバぺと呼んでいる人が多いと分かりました。

 

しかし、本人の気に入った発音はエムバぺではなくエンバぺでしたね。

 

これからは、エンバぺやエムバぺと呼んでいくのがいいかなと思いました。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

おすすめの記事